バジルソースプレゼント!

本日24日(火)と25日(水)にフランスパン(国産小麦のバゲット 300円+税)をお買い上げのお客さまに、

バジルソースをプレゼントいたします!

フランスパンを1.5cmぐらいの厚さにスライスし、

バジルソースをエビの上にかけてり、トマトとモッツァレラチーズを並べその上にかけてり、

1cmぐらいの薄さに切り、カナッペのようにしてり。

もちろん上に何も乗せず、フランスパンにバジルソースを塗って焼くだけでもおいしいです!

 

クリスマスの夜に、このバジルソースでいつもと違ったお食事をお楽しみください!

親子パン教室

明日、第1回目の親子(幼児)パン教室を開催いたします。


人前で喋ったことがないので、とても不安なのですが、資料を作りながらとても楽しみにしています。


Komu's Bakeryのパン教室は、「ただパンを作るだけ」にならないようにしたいと思っています。

「食育」と言えるか分からないのですが、

お話を交えながら、

「食」に興味を持ってもらえるように、

「パン」に興味を持ってもらえるように、

そんなパン教室にしたいと思っています!


成功できますように!



店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com

イベント開催

12月15日(日)14時から17時まで「親子パン教室」を開催いたします。


そのため、テーブル席ご利用が13時半までとさせていただきます。
カウンター席は通常通りご利用できます。

また、カウンター席からパン教室の様子が見られますので、ご興味がございましたら、ぜひお越しください。


店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com

新商品 くろすけ

チョコクリームたっぷりのチョコパン、「くろすけ」です。

絵心のない私ですが、パンだとしてもかわいく仕上げるのは難しいですね。

特に目の位置。


大きくするか、小さくするか、端っこにするか、真ん中にするかで印象が変わります。


もしかしたら、すこーしずつ顔が変わってくるかもしれませんが、かわいく変わってくるよう努力します!




店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com

シュトーレンのご予約承ります!

シュトーレンが完成いたしました!


Komu's Bakeryの初めてのシュトーレンです。


ドライフルーツ&ナッツを数種類のお酒に何ヶ月も漬けて時間をかけて作りました。


マジパン入りです!


お酒を使っていますが、漬けてからの日にちが長く、なおかつ焼いているのでアルコールは飛んでいますので、お子様でもお召し上がりできます。


店頭でも販売をいたしますが、数量限定なので、ご予約を承ります。


店頭、またはお電話でご予約ください。



店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com


シュトーレンとは

冬になるとパン屋に出てくるパン「シュトーレン」どんなパンか知っていますか?



「シュトーレン」とは、ドイツのパンでクリスマスの時期に食べるパンです。


ドイツの菓子パンですが、ドイツ語では「シュトーレン」とは言わず「シュトレン(Stollen)」と発音するそうです。


シュトレンはドイツ語で「坑道」意味し、このパンがトンネルのような形をしていることからこの名前がつけられました。

また、仕上げに粉砂糖真っ白くなるまで振りかけると、まるで布に包まれた幼子イエスのように見えるとも言われています。



さて、シュトーレンはいつ食べるのでしょうか?


クリスマスケーキはクリスマスイブや当日に食べると思うのですが、シュトーレンはちょっと違います。


ドイツでは、クリスマスイブの4週間前からイブまでの期間(アドベントという、イエス・キリストの降臨を待つ期間)にシュトーレンを少しずつスライスして食べる習慣があります。


4週間も前から少しずつ食べるということは、シュトーレンはとても日持ちするパンなのです。

昔ながらのレシピで作られたシュトーレンは2ヶ月は余裕で日持ちするそうです。



なぜ日持ちするのか?


シュトーレンには、日持ちするドライフルーツやナッツがたくさん入ります。そして、このドライフルーツ&ナッツを洋酒にたっぷりと漬けることにより、アルコールの効果で雑菌の繁殖を抑え、さらに日持ちするようになります。


そして、焼き上がったシュトーレンにバターをたっぷりと塗ることによって、油脂の膜を張り、乾燥から防ぎます。

仕上げに粉砂糖でコーティングすることにより、バターの酸化を抑え、雑菌の繁殖も防ぎます。


こうして、シュトーレンは、中からはアルコールやフルーツの旨味が放出され、外はバターの油脂と砂糖に守られながら日持ちします。日持ちというより、「熟成」していくので、日が経つほど美味しくなります。



食べごろは?


シュトーレンが出来上がってから1ヶ月ごろです!


ドライフルーツや洋酒の旨味が生地にしっとりと馴染み、それぞれの味が主張しすぎることなくまとまるのが1ヶ月ごろです。


フルーツの風味が日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりも明後日」と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなるパンなのですね!



店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com




シュトーレン 試作中

試作の中の試作ですが、

お酒に漬けていたフルーツがいい感じに漬かったので、第1段作りました。

コムズベーカリーの初めてのシュトーレンです。


思っていたよりホロホロしてしまい、崩れやすかったので、もう少し改良します。

でも、ホロホロシュトーレンっておいしいんですよね。

パンのようなふわふわにはしたくないので、加減が難しいですが、完成が楽しみです!


シュトーレンは予約販売もする予定ですので、楽しみにお待ちください!



店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com

イーストと天然酵母と自家製酵母の違い

パンを膨らませるためには「パン酵母」が必要です。

一番よく使われるのが「イースト」と呼ばれるパン酵母です。


「酵母」とは?

単細胞の菌類の一つです。繁殖力と発酵力が強く、糖分を分解してアルコールと二酸化炭素とにする力があるものです。


「天然酵母」とは?

自然界に存在している酵母のことを「天然」と付けただけで、「イースト」も天然酵母の1つなのです。

(最近は「天然酵母」という言葉を使わなくなってきました。)


「イースト」とは?

自然界にある多種多様な菌のうち、最も製パンにてきしたものを果実や穀類などから分類して、純正培養したものです。イースト菌100%で、他の菌は混ざっていません。安定した菌です。


「自家製酵母」とは?

自分で培養した酵母のことです。

果物(ぶどう、苺、桃、梨、パイナップル、バナナなど)や穀物(玄米、麹、小麦、ライ麦)などのまわりに付着している酵母菌から培養できます。


気をつけないといけないのは、自分の手に付いている菌も入りますし、空気の中にふわふわ浮いている菌も入ります。

(と言っても、石鹸で手を洗い、アルコールしたきれいな手で作れば問題はありません!)


イーストと違い、自家製酵母は何種類もの酵母や乳酸菌や酢酸菌など数種類の菌が混ざったもので、作る人、作る場所によって酵母の味が変わってきます。そして、複雑な味わいが生まれるのです。


自家製酵母のおもしろいところは、作る人、作る場所によって味が変わるところですね!


店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com


甘い食パン?シンプル味の食パン?

あるお客さまが食パン(溶岩窯食パン)を2本(4斤分)買ってくださりました。

「コムズベーカリーの食パン(溶岩窯食パン)は甘すぎず、毎日食べても飽きないわ。」

とてもうれしいお言葉でした。


ほとんどのパン屋で食パンは置いていますし、高級食パン、食パン専門店まである今の世の中、それでも私達のKomu's Bakery(コムズベーカリー)の食パンを選んでくださり、

「思いが伝わったんだな〜」とうれしくなりました。


私自身が毎朝食パンを食べます。

ですが、そんなに高い食パンは毎日食べることができません。

なので、お客さまに食べてもらう食パンも、お手頃なお値段で、でも白米のように毎日食べても飽きない、シンプルな味にしたかったのです。


ご飯に納豆をかけたり、ふりかけをかけたり、もちろんそのまま食べたりするのと同じように、

コムズベーカリーの溶岩窯食パンは、バターを塗ったり、ジャムを塗ったり、オーブントースターで焼いたりしてもおいしいですし、もちろん焼かず何も付けなくてもおいしい!こういう「毎日の食パン」を目指して作りました。


私はそのまま食べたり、オーブントースターで焼いてバターを塗って食べることが好きです。

皆さまはどんな食べ方が好きですか?

お店にいらっしゃったときに、ぜひ教えてください!


店名  Komu's Bakery
住所  神奈川県 横浜市都筑区中川中央1-33-6
    NS BUILDING 1階
最寄り駅  センター北(徒歩3分)
営業時間  10:00 〜 18:00
定休日   毎週月曜日、第2第4火曜日
HP    https://komus-bakery.com

営業時間変更のお知らせ

10月15日(火)から閉店時間を19時にいたします。


お仕事帰りの方がぎりぎりの18時に駆け込むことがあるので、少しでもゆったりとパンを選んでいただきたいと思い、1時間延ばして19時閉店にいたします。

ぜひ、明日の朝食用のパンをお選びにお越しください。

お待ちしております。